不協和世界の深層で

Potwiが紡ぐ音の深層備忘録。

音楽ゲームの楽曲公募で採用をいただきました

Potwiです。

 

最近は仕事が忙しく、趣味にどっぷりつかる時間がないので、フリー音源サイトに掲載する楽曲の制作をちまちまエンジョイしています。

 

さてこの度、SEGA様のアーケード音楽ゲーム「CHUNITHM」にて開催されていた、「第三回チュウニズムオリジナル楽曲コンテスト」のシルヴィアス部門にて、拙作"Parad'ox"の採用をいただきました。

 

 キャラクターとそれに付随する物語を読むのが好きで、第一回のときから参加させていただいているこのコンテストで、最優秀楽曲に選んでいただけたこと、誠に光栄です。

 

この場を借りてコンテスト主催者様、楽曲を聞いてくださった方々、感想や応援等をくださった方々に感謝申し上げます。今後も仕事・家庭の裏で自分のペースで作曲に励んでまいりますので、見守っていただけますと幸いです。また、これからCHUNITHMをプレイされる方は、是非拙作もご堪能下さい。

 

採用をいただいた楽曲はこちらから聞くことができます。

 

また、アーティストコメントを

chunithm-special.sega.jp

にて確認することができます。楽曲に込めた思い等も記載しておりますので、是非ご覧ください。

 

今回の作品に関しては制作秘話について触れることはいたしませんが、実は1年前、第2回の公募のリヒトシュッツェ部門で最終候補に選んでいただいた時、こんなことを思っておりました。

 

 そして、結局第2回は最終候補止まりでしたので、上記のことを記事に書いたのがこちらです。

potwi.hateblo.jp

 

今回も、第2回のときから基本的な信念と創作スタイルはほぼ変わっておりません。自分の考えたこと、やりたいことを詰め込んだ結果、今回このような評価をいただけたことが本当に嬉しかったです。

 

今後もよろしくお願いいたします。

 

※楽曲のタイトル "Parad'ox"についての余談

 …投稿動画の説明に記載している「正義には〇/×を付けられない」をParad'oxの"ox"部分と掛けています。また、アーティストコメントにありますように、楽曲に込めたテーマ"Paradox"、"Paradigm"を"Parad'"部分に掛けています。同時に、アポストロフィ" ' "で神の世界と人間の世界の分断を表現しました。楽曲制作だけでなく、このタイトルを考えるのにもかなり時間を要しましたが、結果的に曲に込めた思いをすべて詰め込むことができました。

そしてなんと、CHUNITHMのバージョンも”PARAD"ISEなんですね。それゆえに一層思い出深くなりました。

 

最後に…主にTwitterで日常や音楽のことをグダグダ呟いております。

もし興味ございましたらフォローのほどよろしくお願いいたします。

twitter.com